IMG_0157
(写真メモ)
いちおう富士山



 毎日毎日、坂上忍が怒っている。もはや彼はマスコミという権力を代表する代弁者だ。日本大学に籍を置く人間があまりこのような発言をしてはいけないのだろうが、あえていわせてもらうなら、この”煽動”はいつまで続くのか。

 子供のころ、まちがって手とか足が当たってしまったとき、「一発は一発」とかいって強めに仕返しの打撃を与えてくるガキというのがいたものだが、あのマスコミの報道のしかたというのは、それに似ている。

 もちろんあのアメフト部の監督やコーチも問題だが、かれらを断罪するマスコミは、もはやその問題以上の強さで攻撃し、部外者であるはずの一般市民にもさらなる攻撃を加えるように煽っている。歯止めがかからない状態だ。

 どこまで社会的な制裁が加えられればいいのか。その答えはきっと制裁の程度にかかわらず”次の新ネタができるまで”ということなのだろう。新ネタができてからのマスコミの撤収の速さは実に見事なものである。なんていうと怒られてしまうか。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。