IMG_0354


 ばたけんこと小生は、現在ノンポリである。なので選挙にも行かない。いつか詳しく書くが、政治思想というものを持ってしまうと、人と人の間に垣根を作ってしまい、話し合いの障壁になってしまうという人生哲学があるからだ。



 そんな小生が、なぜ今回この長谷川豊氏の発言を問題視したのか。それは”デマを流した者勝ち”になりつつあるこの実社会とネット社会にたいして、一石を投じたかったというのがある。

 もはや小生がこのことを指摘する前に、”日共が義援金を懐に入れている”という「デマ」はTwitterという伝播力の強いツールを以て拡散されてはいた。それをみて、でもこういうのがまかりとおるようになったら世も末だと考えたわけだ。

 こんな言葉だけを駆使したやり方で、敵対勢力の支持率を削れるような簡単な世の中になったら、日々草の根の活動そのものが無駄ということにもなりかねない。つまりはそういうことである。

 そんなわけで、一石を投じることができたということで、これ以上は長谷川に対してどうこう語ることは止めにする。まだ他の人は彼に対して発言しているけれども。彼らにたいしても思う。そればっかりやっているわけにもいかんだろう。

 もっといろんな観点で社会というものを語るべきだ。政治だけが社会じゃない。

今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。