IMG_0292
 福岡市内であったIT関係セミナーの男性講師を刺殺したとして、福岡県警は25日、福岡市東区筥松(はこまつ)1丁目の無職、松本英光容疑者(42)を殺人と銃刀法違反の疑いで逮捕し、発表した。松本容疑者は「ネット上(のやりとり)で恨んでいた男性を死なせてやろうと思い、腹と首を刺した」などと話しているという。
刺殺された岡本さん、「Hagex」の名でブログ

 こんばんは。ばたけん参上。

 公の場であるインターネット上でブログを更新するときに気をつけねばならないこと。それは個人をdisることは控えるということ。これに尽きる。コミュニケーションというのは、文字だけでは成立しない。感情が伝わらないからだ。

 文字だけに頼る。文字だけを見て真に受ける。どちらもいけない。文字なんて不完全なものなのだから。だいたいここまでいろいろ書いたが、なぜこれらを”文字”と認識するのか。”文字”という字を形としてだけみれば、ぜんぜん”文字”の意味と無関係なのに。

 ただ先入観でわれわれは、文字という字を”文字という意味なのだ”と認識しているだけにすぎない。それだけ文字というのは不完全なものなのだ。ましてや感情や真意なんて伝わるわけがないのである。

 Hagexさんの件に関しては、彼が加害者に対して「低能先生」呼ばわりするなどしていた。加害者から誹謗中傷を受けていたという事情をふまえたとしても、顔の見えない相手に対してそういう呼び方をしてしまったのは軽率だった。

 死生観を持っていない人間というのは、人の死の痛みや重さに対して鈍感だ。そういう人がキチガイになると、”一発は一発”だからということで、悪口を言われたり、からかわれたりすると、それを”一発”として、刃物で刺すという”一発”で報復してしまうのだ。

 今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸が続くかぎり、僕は君のそばにいる。