1518935136_162
 まずは、日本代表のポーランド戦“最後の10分間のボール回しについて”。
「これは国の文化の違い。日本の文化の中では反発があった。勝負という魅力の中で、負けていて勝負に行かなかったことに“正々堂々と戦うことを誓います”と言えなくなってしまった。行ったらやられるかもしれない…が無意識のうちにあったかもしれない。ポーランドも勝っていたから攻めてこなかった。両国の利害が一致した。今回予選リーグで初めて適用されたルール・フェアプレーポイントの中でフェアプレーでないことが起きてしまった」
と結論づけた。
セルジオ越後氏 日本がベルギーに「勝つ確率は0パーセント」

 なら一体どうすればよかったのか。”フェアプレー”は敗因になることはあっても、勝因にはならない。負けて貶されるぐらいなら、勝って貶される方がいいに決まっている。それが結果を出すということだ。

 そもそもフェアプレーとはなんなのか。日本代表が見えないところで反則をして決勝点を入れましたというなら問題だ。だが今回はルールに則ってグループリーグを突破したわけである。

 それをふまえて、もしセネガルが同様のことをやって、日本が突破できなかったら、セルジオさん、あなたはセネガルにたいしてフェアプレーではないと言うだろうか。きっと言わないだろう。日本代表を腐して終わり。だがそういうダブルスタンダードこそアンフェアだ。

 あの作戦は西野朗監督の英断だった。あれでもし結果的にダメだったら、きっと一人で責任をかぶるつもりだったにちがいない。これぞまさに、勝負に徹するスポーツマンの姿である。

今日のところはこれまで。ごきげんよう。この呼吸がつづくかぎり、僕は君のそばにいる。